×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブラック&ゴールド

インスラリスキンイロクワガタ飼育記


美しい体色で魅了するキンイロクワガタですがその中でもインスラリスのメタリック調の輝きは最高に美しいと思います。
♂のグリーンもさることながら♀の赤味の強い個体も特に美しいです。
初期のブリードで初回割出し、44頭の幼虫と14個採卵と爆産してくれたインスラリスですから今回も期待したいところです。
2007/10/14に割出して以来、♂♀共に2008/6月中旬に続々と羽化しだし8月には殆どが後食を済ませペアリング開始。

      



2008/09/06
さほどサイズは重要視せず気に入った体色の個体でペアリング。
かわいいサイズの割には交尾時間は30分以上かけて行われます。



       交尾中になにやら液体が・・・!?(笑)




2008/09/10

前回同様、パンケースの8割り方しっかりとマットを硬詰めします。
その上に転倒防止に荒めの成虫管理用の針葉樹マットを敷いてインスラリスの産卵セット完了。





2008/11/17
産卵セットから10日後にはケース側面に卵を確認...その3週間後にはケース底に幼虫を確認。
そしてセットから2ヶ月ちょっとで割出し...その間♀はセット1ヵ月程で出てきたところで産卵セットからは移しています。
割出し結果は...画像には入りきれませんが2セット合計86頭!
十分すぎる数ですから再セットは組まず、全てマットにて200ccのプリンカップで羽化までもっていきます。





2009/03/12
割出しの日から随分経過していますが、インスラリスの幼虫はプリンカップを纏めてダンボール箱の中に入れ、冬季の間は21℃前後の飼育棚下段で
管理・・いや、放置してっていう表現の方があっているかもしれない状況ですが、久しぶりにチェックする事に...
数が多いので全ては確認していませんが確認した分は大丈夫でした。
羽化するのは6月前後でしょうから、もう暫くこのままで管理する事にします。





2009/04/22
割出し時に200ccのプリンカップで管理してきたインスラリスの幼虫の半数が前蛹または蛹化してきました。
プリンカップに入れてからはマット交換等は一切行わずにきたので、マットの方は乾燥気味ではありますが全頭無事です。
この分だと5月はインスラリスの羽化ラッシュとなりそうです!

      



2009/06/05
5月に入ってからまずは蛹化した第一陣が、続々と羽化してきました。
♂は13頭、♀は20頭で合計32頭無事に羽化!
まだ残り50以上はいるので、現在蛹化している第二陣が今月羽化してくると、相当賑やかになりそう^^
インスラリスの♂独特のグリーンが美しいのは言うまでもありませんが、♀も赤味が強く出ている個体が多く綺麗で見応えがあります。

      

   画像より実際は赤味が全体に強くとても綺麗な♀             こちらの♀は深いグリーンメタリック調が美しい
      

スペースにもそれ程悩むことなく数多く飼育でき、その上雌雄ともに美しいインスラリスの飼育はその魅力を十分楽しめます。
単独、ペアで飼育するも良し、複数入れてインスラリスのテラリウムなども綺麗で見ていて飽きないかも。
インスラリスは今シーズンもブリード予定ですが、飼育記の方は無事羽化まで纏める事ができたので、この辺で締めたいと思います。



〜THE END〜

                                                                              
                                                                            ページ先頭へ