×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブラック&ゴールド

メガソマ パチェコ飼育記


パチェコはヒメゾウカブトに興味を持つきっかけになったカブトで、小型ゾウカブトとはいえ小さくてもカッコ良さは抜群のカブトですから今後が楽しみです!
まずは致命的な羽化ズレが起こらないよう羽化ズレ最小限で無事羽化を目標とします。

2008/12/15
4頭多頭飼育 中ケース (BIRマット使用)



2009/04/01
昨年12月に中ケースに入れてから4ヶ月に近づいてきてのマット交換です。
一応順調に成長してくれたようで、17gを先頭に15g、14g、12gでした。
幼虫期間については色々と言われているので、この幼虫達はいったいどれ位で羽化するのかも興味のあるところです。

      



2009/09/03
前回のマット交換から5ヶ月経過(放置...)
先月8月には蛹室を確認していましたが、以前カブトの不全率が多かったので、ここはジッと我慢して羽化待ち状態でしたが、ようやくケース越しに
羽化している感じだったので掘ってみると、2ペア無事羽化していました。
それ程、寿命も長くはないカブトですから、その点を気をつけて後食開始を待ちたいと思います。

      



2009/10/16
後食も済み十分成熟したころなのでペアリングを開始です。
ペアリングは♀の上に♂をあてがうと、スムーズに交尾へ...
今回、ブリード候補のペアでのセット割出しの状況次第では控えのペアの出番があるわけですが、まずは順調に産んでほしいものです。





2009/10/23
ペアリングから1週間後に産卵セットへ...
セットは270×350×210のクリアケースを使い、底から5cmほど硬詰めした上に5cm軽くマットを詰めてゼリーと転倒防止にグリーンガーランドを
配してセット完了!
羽化〜後食後は、なるべく早く産卵セットを組もうと思っていましたが、予定よりかなり遅れてのセット投入なので無事産んでくれるか...
無事産卵する前に力尽きないよう祈りたいところです。
割出しは採卵より幼虫で行いたいと思っているので、暫くケース越しに様子を見守りたいと思います。





〜to be continued〜

                                                                              
                                                                            ページ先頭へ